OVERVIEW

2018年7月、METoA Ginza で開催されたイベント「Space Challenge in Ginza -人工衛星と大型望遠鏡で、宇宙の秘密に挑む!」にて、aircord は地球と人工衛星の関係性を表したシンボルオブジェ「Satellite-Reflection」の企画制作・プロデュース・ディレクション・照明演出を担当しました。

会場に展示された数々のオブジェは、「人工衛星から見た地球」または「地球から見た宇宙」など、様々な「視点」をコンセプトとしてデザインされています。また、各オブジェには特定の波長の光のみを反射する特殊なフィルムを使用しており、窓から入る日差しや、6台のムービング LED のライティングによって、その時々で様々な表情を表しました。

YEAR
2018
CLIENT
Mitsubishi Electric Corporation
CATEGORY
Lighting System ,
PLAY VIDEO

CREDITS

  • Producer / Creative Director
    Toshiyuki Hashimoto (aircord)
  • Designer / Engineer
    Takayoshi Ohara (aircord)
  • Lighting Director
    Ryosuke Kokubo (aircord)
  • Production Support / Assistant
    Yae Uehara (aircord)
  • Technical Support
    Osamu Iwasaki (aircord)
  • Technical Support
    Tomofumi Yoshida (aircord)