CLOSE
a

AMAZARASHI LIVE 360°

CLIENT

  • SMA

YEAR

27 Oct 2016

SHOW MOVIE

amazarashiが10月15日に幕張イベントホールにて開催した「amazarashi LIVE 360°『虚無病』」にて、aircordはテクニカルディレクション、ヴィジュアルプログラム、レーザー演出のプロデュースにて参加しました。

Our Credit

  • Technical Producer / Director: Toshiyuki Hashimoto (aircord)
  • Visual Programmer: Hisaki Ito (aircord)
  • Technical Support: Seiya Nakano (aircord)
  • Visual Support: Yumi Nishida (aircord)
  • Laser Animator: YAMACHANG (Kotobukisun)
  • Laser Animation Support: Hidenori Noda

DETAILS

ライブはamazarashiが10月12日にリリースしたミニアルバム「虚無病」の公開も含めて行われ、ボーカルの秋田ひろむ書き下ろしのオリジナル小説で描かれたストーリーとリンクした形で全5章に分かれた構成となっており、各章の冒頭には秋田が小説を朗読するという、総合的に物語性を意識した演出が行われました。

ホール中央に設置されたステージは、四方がメッシュ式の巨大LEDモニターで囲まれ、それぞれの楽曲に合わせてアニメーションやタイポグラフィー、モーションキャプチャー、レーザーを作り込んだ演出を行いました。

aircordは全体のテクニカルディレクションを担当する他、『ジュブナイル』にてライブカメラと組み合わせたジェネレーティブ映像制作、『穴を掘っている』『冷凍睡眠』『ヨクト』『逃避行』『カルマ』にてタイポグラフィを含むアニメーション制作を行いました。
また、モーションキャプチャを利用した小説の登場人物のモーション制作や、全体のレーザー演出プロデュースも担当しています。

amazarashi公式サイト
http://www.amazarashi.com

  • lang-langage-id